伊豆タビ2013 カピバラに再会の巻

台風の上陸が心配される秋の日、
ラテ一行は伊豆へと向かいました。

お宿の方と電話で相談して何とかいけるとダーリンが決定coldsweats01

Birthday19

キレイな青空だけど、海は大荒れ~wave

心配された雨もなかなか降ってこないので、
久しぶりにあそこへ立ち寄り。

Birthday1

カピバラ! 元気だった~?

Birthday18_3

今日は温泉に入ってないゾcatface

Happy1

白鳥にはすんごい威嚇されちゃった。

ペリカンのもぐもぐタイムに遭遇したところ・・・Happy2_3

あのお口ってすごくない?

Happy19_5

160歳の王様サボテン金鯱と記念撮影もね。

Birthday4

さて、海もいよいよすんごいことになってきたので、

お宿へ向かいましょう。




| | コメント (0)
|

Drive a GO GO 日本海

お盆はみんなでドライブ。

Drive1

これがラテのお約束ドライブスタイルbleah
惚れ惚れするよな仁王立ちがグーgood

日本海に沈む夕日を見に来ました。

Sunset1

暮れなずむ海辺にたたずむ白い君。

夏も折り返し、だね。

| | コメント (0)
|

おやまのパワーをいただきました

岩木山神社へやってきました。

Iwakisan4_3
この鳥居の先の正面には岩木山が見えます。

本殿までいくつも鳥居をくぐって登りましょう。

Iwakisan5
ボクはココ(涼しいところ)で待ってるねsmile

代表してワタシが一人でお参りしてきました。

ダーリンとラテの分もお祈りしてきたよwink

Iwakisan3
お疲れさまでした~happy02
疲れたでしょ?ここで休もうよsmileとラテ。

Iwakisan2

参道入り口の山陽の茶屋で休憩。

Iwakisan1

苺ミルク。懐かしい美味しさです。

暑い夏を楽しみましょう。


| | コメント (0)
|

ボクが収穫します

おじいちゃんのベランダ菜園です。

Tomato_004

だれも収穫しないのなら・・・

Sm_3

いよいよボクの出番でつpunch

Sm_2

正直二足立ちはしんどいです・・・

Sm_1_2

いずれにしても、採れたては美味いですsmile




| | コメント (0)
|

奥の細道 中尊寺で涼

東北自動車道を北上して、奥州平泉へ。

Natsu2

中尊寺は江戸時代からの杉の並木が続きます。
おかげで境内はひんやり散歩。

Natsu3_3

がしかし、ラテくんはもう歩けませ~んshock

Natsu4
やっぱり抱っこか・・・

しょうがないからdelicious境内の茶屋で休憩。
Natsu7

涼みましょsmile

Natsu5

美味なり。

Natsu6

そのあと、つきたてのずんだ餅もいただきました。

疲れなんて吹き飛んだよね、ラテくん。







| | コメント (0)
|

雨にも負けないボクだから

そういえば、岩手盛岡にも立ち寄りました。

Morioka12

盛岡といえば、絶対に立ち寄りたかったコチラ。

光原社といえば、
宮沢賢治の童話、注文の多い料理店を発刊した場所。

手仕事の美しさを見極めた名品揃いの店内も、

Morioka13

雰囲気のある中庭もさすがな感じ。

Morioka11

ラテも一緒に覗かせてもらいました。

Morioka1

宮沢賢治先生とのツーショットに、

やや緊張を隠せないラテなのでしたdelicious



| | コメント (0)
|

ラテ、桜とともに北上す

北上を続けたラテ一家、弘前に到着しました。

Hirosaki2

桜まだ満開ではなかったけれど。

弘前公園はカンガルーで散歩。
Hirosaki11_2

公園内はワンコは歩けないんです。

Hirosaki12_2

何とも悲しいことです。

子供の頃から、この公園を散歩することが
本当に大好きだったから、なおさらに。

世界中に、それぞれたくさんの美しい公園があって、
その街に住む人にとって、その公園を散歩するのは
何物にも代えられない幸せだったりします。

ワンコと暮らす人も、暮らさない人も、

みんながともにそんな喜びを感じられるように。

そんな人々の気持ちが、
早くこの町にも通じますように。

Hirosaki1

相変わらずきれいな町だなぁ。

里帰りする度、いつも心からそう思う。

ラテもそう思うでしょ?

| | コメント (0)
|

ラテ、行くぜ東北、裏磐梯編

4年ぶりの来訪です。

Bandaisan9

絶対にまた来よう!と心に誓っていたお宿サンディース。

Bandaisan12

オーナーのこだわりが半端なく、
細部まで見逃せない楽しさもパワーアップしていました。

裏磐梯の自然とともに呼吸している佇まい。

Bandaisan1

窓から見える磐梯山。

この美しい場所も震災後の風評被害を受けていると聞いていたので、早く訪れたいと思っていました。

♪会津磐梯山は~宝の山よ~♪
って、ドライブしながら歌っていたのはダーリンですkaraoke

そしてなんといっても食事。

Bandaisan13
たけのこに蕗、丁寧な仕事はやっぱりプロに任せよう。

Bandaisan14_4
舌で目で、東北の春を楽しませてくれる逸品たち。

Bandaisan2_2
米沢牛、A5ランク、何も語れません。

Bandaisan15
ご飯が美味しいという幸せ。

Bandaisan16
カステヘルミのプレートに、源右衛門って・・・

細部にまで気が抜けません、楽しすぎて。

もうひとつの楽しみは、彼。
Bandaisan18
看板犬2代目サンディ。 80kg超級。

Bandaisan19
お腹なでなでしたら喜んでくれたhappy02うわ~い


Bandaisan20_2
ラテも挨拶してみたよcoldsweats01 ちょっぴりね。

2009latte_6
2009年のラテ。

Bandaisan5
そして、2013年のラテ。

いろんな思いをひとつずつ積み重ねた4年がそこにあったね。

楽しいことばかりではなかった、でも一緒が一番幸せだね。

また来るぜ、福島。

ありがとなしsmile

| | コメント (0)
|

ラテ、行くぜ、東北。福島編。

今年も北上します!ラテ一家。

まずは福島を満喫します。

Ouchijuku5

南会津へ、まずは大内宿。

茅葺屋根の昔ながらの建築物を、住民みんなで
大切に守っているんだそうです。

日本人なんだなぁと思う郷愁が漂うのどかな風景。

そしてワンコにも優しい場所でした。

Ouchijuku1
米どころだし、さぞかし美味しいだろうな、地酒♪
って、まだ日が高いですからcoldsweats02

Ouchijuku6
お昼ご飯はこちら、分家 玉やさんで。

絶品の…
Ouchijuku3_2 Ouchijuku4_3
鳥せいろうめし。    と、クリームブリュレshineshine

もう鳥に感謝、ってくらいの美味しさです。
地鶏のタマゴの濃厚さを十分受け止めたブリュレ。

どちらもおかわりしたかったなぁhorsehorse

ねぎをお箸代わりにして食べるお蕎麦が有名ですが、
あえて外しててみましたが、こちらで大正解wink

Ouchijuku7
ラテくんも笑顔、連発してま~すhappy02

会津若松、七日町駅。
Bandaisan7

レトロな建物がたくさん。雰囲気あるよ~んcatface

Bandaisan8
八重の桜、まさに満開cherryblossom

猪苗代のまわりは蕎麦の産地と聞き、
迷いながら到着した手打ちそば処おおほり。

Bandaisan11

こんな場所なのに?千客万来、でびつくりeye
そしてお蕎麦のおいしさにもびつくりeye

福島って美味しいものがたくさんあって困ります~happy02

もちろん、受けて立ちますよ~delicious

Bandaisan6
そして今宵のお宿に到着。
4年ぶりでワクワク。

福島の美味しいものも、楽しいことも、
ここでもわんさか続きますsmile

| | コメント (0)
|

志摩でもおかげさま お宿編

お伊勢さんのおかげ様を連呼し大満足のラテ一行。

志摩へとくだりホテル旬香へ。

Iselatte1

伊勢の方では一年中門松を飾っているのです。

箱根のホテル凛香と同グループのこちら、
思った通りの心地いいホテルでした。

Iselatte21

これも決め手でしたー。

Iselatte18_3
松阪2929三昧です。
絶品でございました。

もう一つの決め手はコレ。

お姉さんが押してきたこのワゴン。
Iselatte16_2
ワンコ用ディナーなのです。

お姉さん「ラテくん、好き嫌いはある?」

ラテ「全部大盛りでください!」

Iselatte17_3
メインを決めたら野菜をトッピングしてくれます。

Iselatte20
これ3回目のおかわり。

Iselatte22
最後はフルーツで〆。

まだまだ食べられます♪
というラテの視線を軽くかわし終了。

Iselatte24
大満足~もとい、大満腹~pig

Iselatte25
こちらも大満足~伊勢の地酒もかなり美味でしたdelicious

そういえばホテルの目の前はきれいな砂浜。
Iselatte26
う、海ですか・・・despair

すっかり癒され元気いっぱいになったラテ一行。


ここがなかったらラテと一緒に伊勢へは来れなかった、
といっても過言ではなかったかも。

これもやっぱりおかげさまだね。

また来年、今度は新しい正殿にお参りしにきたいね。









| | コメント (0)
|

より以前の記事一覧